メディカルフィットネス TOKU

心地よい日々のために

徳山隆彦

とくやまクリニック院長 徳山隆彦です。

このページをご覧のあなたはいま、心地よい毎日を過ごしていますでしょうか。

私たちの考える「心地よさ」

それは、ひとことで言うと健康な日常です。

誰もが健康は大事であると、頭ではわかっていながらも、健康を失って初めて、そのありがたさに気づきます。

若いころは、病気や痛みのない毎日を、当たり前に過ごしていたかも知れません。

しかし、多くの人は、歳を重ねるごとに、病気や痛みなどからくる、憂いのある気持ちと向き合うことになるのです。

痛みの原因はたとえ小さくても、自分の感情のすべてを支配する大きな存在ですよね。

自分の健康だけではなく、ときには家族の心の健康までも、むしばんでいくのが、病気の恐ろしいところです。

しかし、私は医師だからこそ、お伝えしたいんです。

医学がいくら進歩しても、自分の健康を守れるのは、自分であるということを。

みなさんに心地よい日々を送ってもらうのが、私たちメディカルフィットネスTOKUが目指すところです。

健康な「カラダづくり」を通じて、心地よいと感じる心を育んでみませんか?

私たちが応援します。


人生の真ん中にフィットネスを

パワープレートによるパーソナルトレーニング

食事、睡眠、運動の3つが、健康には不可欠と言われていますが、これら3つは長時間の貯金ができません。

毎日お腹は空きますし、毎日眠くなるでしょう。

若いころに鍛えたカラダも、動かさずにいればいつしか衰えます。

だから、1日だけ激しいトレーニングをするよりも、ゆるくていいので毎日続けるほうが、よほど効果的です。

スポーツクラブに通い始めても、続けられずに結局やめてしまったという声をよく聞きますね。

もしかしたら、あなたもそうかもしれません。

続けられなかった理由として「通うのがめんどう」「同じことばかりで飽きる」「忙しくて時間がつくれない」この3つが上位を占めていると言われています。

メディカルフィットネスTOKUでは、運動をやめてしまう原因をできるだけ少なくするための工夫をしています。

一例をご紹介しますと、次のとおりです。

  • 短時間でも効率良く運動ができる「パワープレート®」を導入
  • 多種多様なスタジオプログラム
  • 個々に合わせたオーダーメイドレッスン(パーソナル)

人間はみなひとりひとり違うように、自分に合わせて通い方からレッスンまでカスタマイズできるのが、メディカルフィットネスTOKUの大きな特徴です。

もちろん、サポート体制も万全です。

いままで運動に対して、何度も挫折してきた方にも、きっと楽しんで続けていただけることでしょう。

そして、病気になりにくいカラダづくりを定着させていきましょう。

いつしか運動が、生活の一部としてナチュラルなことになっていくのを期待します。


医師としても、経験からも、伝えたいこと

徳山隆彦

いまの私しか知らない方は、本当に驚かれると思いますが、私は中学生のころ、体重100キロ以上ありまして、いわゆる肥満でした。

そのため運動もできず、コンプレックスもさまざまありましたが、大学生になったころ、急に運動に目覚めます。

痩せはしましたが・・・逆に体を壊してしまいました。

健康というのは、目に見えません。

失って初めて気づくものです。

医師として働きはじめてから、なおさら感じましたが、身体能力の高低は、仕事の質にも影響してきますね。

体力が続かないので、風邪をひきやすくなります。

当時を反省し、いまでは少しずつ体を鍛えつづけることを習慣にしたおかげで、72キロ前後を保っています。

毎日、コツコツが本当に大事だと、実感していますし、運動はいつから始めても遅いことはないと思います。

よく、健康診断にいくと「痩せましょう」「運動しましょう」と簡単に言われませんか?

でも、そんなひとことで痩せられるのであれば、そもそも太ったりはしませんね。

実際、どうやって痩せたらいいのか、どのように運動をしたらいいのか、わからないのですから。

私が「メディカルフィットネス」ということにチカラをいれているのは、医師であることと、自分の経験が大きく占めています。

医師になってからというもの、ある日突然、健康ではなくなる人たちを数多く見てきました。

だからこそ、病気を予防することの大切さを、心底知っています。

加えて、メディカルフィットネスTOKU運動のプロフェッショナルたちが多く在籍しています。

運動の具体的な方法もわかり、安心してカラダづくりに取り組んでいただけることでしょう。


終わりに

心地よさというのは、人それぞれです。

昨日できなかったことが、今日はできる。

そんな小さな変化でも、心地よく感じる方もいらっしゃれば、大きな変化でなければ実感できない方もいらっしゃいます。

もし、これから運動を始めようと思われているのであれば、ぜひともわかっておいていただきたいことがひとつだけあります。

それは、運動を始めたからといって、劇的な変化を、すぐには感じられないということです。

カラダづくりというのは毎日の積み重ねですから、少し時間が必要です。

髪や爪がちょっとずつ伸びるのと同じで、じんわりと、見えないところで変わり続けていくのです。

いまのあなたの状態は、あなたが生きてきた年数の中で作り上げてきたもの。

急がずに、焦らずに、笑顔で過ごせる毎日を増やしていっていただきたいと思います。

そして、痛みのない状態が、あなたの日常として定着しますように、
みなさんと一緒に歩んでいきたいと、心から願っています。

糖尿病専門医・医学博士
とくやまクリニック院長 徳山隆彦